データ原稿の作成について

データ入稿全般のご注意点

アプリケーションについて(Macintosh/Windows共通)

PDF
PDFを作成する際にはフォントを全て埋め込んでしたください。
Illustrator
ai形式で保存し、フォントは全てアウトライン化してください。
Photoshop
PSD形式で保存してください。

※Illustrator/PhotoshopはCCまで対応しております。
※上記以外のアプリケーションで作成された場合でも、上記アプリケーションと互換性のある形式で保存されていれば受付いたします。

入稿メディアについて

CD-RまたはDVD-Rでご入稿ください。バックアップは必ずお取りください。

・ファイル名はわかりやすいものをつけてください。
半角英数でつけて頂くと文字化けの心配がありません。

・「宅ふぁいる」等インターネット経由で入稿をご希望の場合はご相談ください。

・当社では基本的にデータの修正は行っておりませんのでご了承ください。

出力サンプルについて

原則として、アナログ入稿の場合、またはillustratorにて作成される際には表紙/本文の出力見本(原寸)が必要となります。

※出力見本の無い場合のトラブルについては、対応でき兼ねる事がございます。

表紙作成上のご注意点

画像モード

表紙カラーモードは必ずCMYK形式で作成してください。

・RGBモードで作成した場合でもCMYKモードに変換して、色味をご確認の上、入稿してください。

・RGBで入稿された場合、当方で最善と思われる作業をさせていただきますが、色味の違いへのご指摘はご容赦願います。

画像解像度

解像度は350~600dpiで作成してください。

・画像解像度は原寸で350dpiであれば高品質な印刷に使用できますがPhotoshopのみでデータを作成され、画像の中に細かい文字を使用なさるのであれば600dpiをお勧めいたします。

フォントについて

Photoshopで作成されたデータは、最終的に画像を統合してください。

illustratorで使用したフォントは、全て文字のアウトライン化を行ってください。

原稿作成にあたって

原稿は出来上がりの大きさ(原寸)で作成して下さい。

・原則として表1・表4・背表紙をひとつのファイルとしてください。
・データ完成後の拡大/縮小はボケやモアレの原因となります。

pdfで原稿を作成される場合は、ひとつのファイルにまとめて作成してください。

(※ページを分けて作成していただいても問題ございません)

※原稿には天地左右に断切り用の3mmの塗り足しを加えてください。

仕上がり線・塗り足し

トンボについて

Photoshopで作成する場合、トンボは必要ありません。

illustratorで作成する場合はトンボを作成してください。

トンボについて

トンボについて-2

表紙サイズについて

B5表紙

・横 [余白3mm+182mm+背幅+182mm+余白3mm]
・縦 [余白3mm+257mm+余白3mm]

B5表紙

A5表紙

・横 [余白3mm+148mm+背幅+148mm+余白3mm]
・縦 [余白3mm+210mm+余白3mm]

A5表紙

背幅の目安

背幅とは本の厚さの事を示します。詳しくはTOPにございます背幅計算機にて算出してください。

背幅が4mm以上ある場合には背文字を入れる事が可能です。

本文作成上のご注意点

画像モード

本文は必ずグレースケールかモノクロ2階調で作成してください。

※レイヤーは必ず統合してください。

画像解像度

グレースケール・モノクロ2階調とも600dpi以上で作成してください。

フォントについて

Photoshopで作成されたデータは、最終的に画像を統合してください。

illustratorで使用したフォントは、全て文字のアウトライン化を行ってください。

モアレ発生を防ぐには

ハーフトーンは300dpiではなく600dpiで作成してください。

ハーフトーンは60線以下を選択します。(80線以上はモアレの危険があります)

※角度は45°にしてください。

ハーフトーン画像を作成後、拡大/縮小/回転すると、ハーフトーンのドット周辺がボケた状態になり、モアレの原因となります。

手書き原稿をスキャニングして使う場合モアレが発生する危険がありますので、高い解像度(600dpi〜1200dpi又はそれ以上)でスキャニングし、モノクロ2階調にしてください。

グレースケール上に解像度の異なるハーフトーンを配置すると、ハーフトーンのドット周辺がグレー化し、モアレの原因となります。

原稿作成にあたって

ノンブルは印刷範囲内にお付けください。

・画面ギリギリのものは断裁時に切れる事があります。
・ノンブルを画面内にきちんと収めたい場合は、備考欄にその旨をお書きください。

1ページごとに作成してください。

・Photoshop/illustrator等いずれのアプリケーションで作成する場合も共通です。
見開きの絵がある場合も二分割してください。

原稿は出来上がりサイズに天地左右3mmを足した大きさで作成してください。

pdfで原稿を作成される場合は、ひとつのファイルにまとめて作成してください。
(※ページを分けて作成していただいても問題ございません)

本文サイズ

B5本文

・横 [余白3mm+182mm+余白3mm]
・縦 [余白3mm+257mm+余白3mm]

A5表紙

A5本文

・横 [余白3mm+148mm+余白3mm]
・縦 [余白3mm+210mm+余白3mm]

A5本文